嘔吐

作家になりたい統合失調症の女が色々考えるブログ

健常者の自己承認欲求が強すぎてついていけない

タイトルの通りである。
自己承認欲求モンスターは、メンヘラではなく健常者なのではないかと思うくらいに、健常者は自己承認欲求の権化なのである。

わたしはツイッターのアカウントをいくつか持っている。
その中に、わたしは所謂オタクなので、同人アカウントを持っているのだが、最近TLを見るのがしんどい。
それはなぜかというと、TLが自己顕示欲で埋まっているからである。
やれ「いいねの数だけ自己紹介する」だの「わたしを◯◯で例えるとなんですか」だの、そんなワードで埋め尽くされているのである。

わたしのアカウントは同人アカウントである。
黙々と二次創作をして、それをサイトに上げるだけで満足なのである。
しかし、そんなあり方のわたしはオタクの中では稀なようで、誰もがほとんどみんな自己承認欲求のモンスターなのである。

正直なところ、わたしはそういったものが苦手だ。
自分のことを知ってもらって何になる。
おかしいな、同人アカウントというのは自分の創作物を見てもらうための場であり、自分の妄想を吐き出す場ではなかったか。
わたしの今のTLを見ると、みんながジャンル「自分」になっている気がするのである。

毎日のようにスカイプの募集をしている人。
毎日のように構ってちゃんタグをしている人。
もう散々見飽きた。
TLを見るだけでしんどい。
だから、最近はあまり見ないようにしている。

なぜそんなに自分のことを他人に知ってもらおうとするのか。
わたしにはわからない感情だ。
別にそれに対して直接どうこう言う気はないので、ブログで吐き出すだけにとどめておくが、それにしたって健常者の自己顕示欲はモンスター級だ。

我々メンヘラよりも、自己顕示欲の強い健常者。
それに疲れてしまうあたり、わたしは健常者じゃないんだな、と思わされる。
わたしはあんなにも元気に、無邪気に、構ってちゃんをすることができない。
というか、構ってちゃんが好きじゃないだけの話でもあるのだが。

わたしは静かに一人で言いたいことをツイートするだけでいい。
他人との関わりは必要最低限でいい。
健常者と障害者。言っては悪いが、相容れないなと感じた。
ついでに、自己承認欲求や構ってちゃんができるうちはメンヘラじゃないな、とも思った。
わたしには、自己承認欲求もなければ、構ってちゃんをする元気もないのだから。

わたしのブログは支離滅裂な内容が多いと思うのだが、アクセスしてくれる人がいて嬉しい。
自分でも何を書いているのかよくわからなくなることがあるが、とにかく思ったことをぶちまけてるだけなので、誰が読むんだこんな乱文と思うことも少なくないのだが、それでも読者がいて、アクセスしてくれる人がいるということが本当に嬉しい。
先程も書いたが、自己承認欲求がないので、別に誰に見てもらえなくても平気と言えば平気だ。
それなのに、見てくれてる人がいる。
純粋に嬉しい。

これからも、思ったことをどんどん吐き出していこうと思っている。
何卒、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「化物語」のアニメを見た

言い訳だが、化物語のアニメを見ていたので読書できなかった。
ただの言い訳である。

アニメの方も大分ためになった。
こんな感じでテンポよく物語を展開させればいいのかと気付かされた。
アニメとして純粋におもしろく、なおかつ文章修業にもなったので、本を読む時間を削ってでも見た甲斐があったと思う。
おかげさまで、今日は大分西尾維新のような文章が書けたんじゃないかと思う。
個人的には自信作だ。
父さんがどんな評価を下すかは知らないが、明日も校閲して、できれば夜にでも読んでもらおうかと思っている。

話は変わるが、わたしはもう3日も風呂に入っていない。
どうにも風呂に入るのが面倒なのだ。
どうせ外に出る予定もないしな、、、と思うと、風呂に入らなくてもいいと思ってしまうのだ。
女子力云々以前に人間力が低下している気がする。
明日起きたら必ず風呂に入ろう。
3日も風呂に入ってないのは、まだ若い女としては致命的な気がする。
身体も痒いし、だいぶ垢が付いてそうだ。
明日は念入りに身体を洗うことにする。

更に話は変わるが、ここ数日でお惣菜の類が食べられなくなった。
このお惣菜には毒が入ってるのではないかと疑うようになってしまったのだ。
もちろん入ってないだろうとは思う。
けれど、一度でもそう思ったら怖くなって食べられなくなってしまった。
だから、わたしは食パン以外にはなにも食べてないし、夕食も食べていない。
おかげさまで1日で体重が1キロ減った。
痩せるのは純粋に嬉しいので、このまま断食したいと思う。

今日は父さんが仕事が休みで、父さんと二人でのんびりアニメを見るという実に充実した1日だった。
明日以降も、物語シリーズのアニメをどんどん見ていきたいと思っている。
どんな演出がなされるか。
どんなテンポで物語を進行させるか。
アニメから学ぶものがたくさんあると気付かされた。
明日以降が楽しみだ。
もちろん本も読む気でいるので、時間を有効に使わなければならない。
頑張るぞ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「憑物語」西尾維新

読み終えた。

アララギくん視点の物語で、終わりに向かっていく物語。
次の終物語と続終物語物語シリーズ読破だ。
結局この本は買って手に入れた。
いずれは全巻買うつもりなので問題はない。
相変わらずさらさら読める内容で読み応えも抜群だった。
何を食べて育てばこんな文が書けるようになるのだろうか。羨ましいかぎりである。

さて、明日はカラオケに行く。
全力で息抜き楽しむぞ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

金曜日の病院レポート

今更だが書く。

今週は離人感はあまりなく、その代わりに幻聴が酷かったという話をしてきた。
そして、法律改正に伴い、睡眠薬がひとつ減った。
今回は父親同伴だったので、いつものようにデパスワイパックスをODすることもなく名古屋の街まで出られた。
親の力は偉大である。

薬剤師のお兄さんは、薬剤師の目線から見ても薬が多いですと言っていた。
まあ、10種類も出されているので仕方ない。
その上、まだ薬を増やされそうなので恐ろしい。
わたしの病状はそんなに悪いのだろうか。
不安になる。

親に迷惑をかけたくないのに、迷惑をかけてばかりだ。
そんな自分が不甲斐ない。

だからこそ、今やれることをやるしかないとも思った。
今やれること、すなわち文を書くことだ。
必ず作家になって、必ず父さんに楽をさせてやるのだ。
病気だけれど、苦しいけれど、それでもできるんだってことを証明したい。
今わたしがやるべきことはそれしかない。
それしかないのだから。

全然回復の兆しがないけれど、いつかは寛解すると信じて。
明日も生きていこう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「死んで有名になりたい人」がいるらしい

さっきネットサーフィンしていて偶然見つけたTogetterが、こんなタイトルだった。

たとえば南条あや
たとえば二階堂奥歯
たとえばメンヘラ神。
死んで有名になった3人である。
彼女たちが死んで有名になったのは、もともと文才があって、有名だったからだ。
普通のメンヘラが死んだところで、有名になれるとは限らない。
というか、日本でまた一人自殺者が出たか、くらいにしか思われないと思う。

死んでまで自己承認欲求を満たしたいのか。
その考えはわたしにはわからない。
死んだらその先は無で、遺族の悲しみ以外に何も残らないというのに。

そもそも、死にたがってツイッターで死にたい死にたい呟く暇があればもっと建設的なことをすればいいのにとわたしは思う。
たとえば、新しい趣味を見つけようだとか、これが好きだから極めようだとか。
それか、本当に自殺を企てるか。
ツイッターで死にたいツイートをしているアカウントは山ほどいるが、実際本当に死んだ人間は少ない。

わたしも、昔は病み垢なるものを持っていた。
しかし、繋がっていたメンヘラが陰険な性格をしていて、ブロックした後に悪口を書かれていたので、そんな世界が嫌になって病み垢を消した。
病み垢を消して、好きなものを、言いたいことを好き放題ツイートできるアカウントを作ったら、心がうんと楽になった。
死にたいとツイートすることが減った。

今でも希死念慮はある。
当然ながら、自傷行為もやめられない。
だけど、死にたいと口にすることを封印したために、わたしは今明るくポップなメンヘラでいられている。
時々苦しさを吐き出すこともあるけれど、基本的に好きなこと、やりたいこと、頑張って取り組んでることの話しかしなくなった。

病み垢なるものを持っている人間全員に聞きたい 。
あなたは何のためにそのアカウントを持っているのですか。
自己承認欲求を満たすためですか?
死にたいとツイートしたいからですか?
どうせ死なないくせに、死にたいとツイートするのは無意味で滑稽なようにわたしは思う。
結局誰かに見てもらいたくて、構ってほしいだけなんじゃないですか?
今のわたしにはもうわかりません。

わたしは過去に自殺未遂を三回してきた。
そして、病み垢の不必要さを知った。
統合失調症は治らない病気だ。
会社も辞めた。バイトもしていない。
けれど、生きている。
夢があるから。生きている。
全国のメンヘラも、何か生きる理由みたいなものが見いだせればいいんじゃないかなあと思う。
目標があれば生きていけるから。
人生は何とでもなるから。

このブログは努めて明るい内容を書こうと思ってるので、締めくくりが「よし頑張ろう」になりがちなのだが、「よし頑張ろう」以外に書くことがないので、ついそんな締めくくりをしてしまう。
でも、頑張るしかないのだ。
わたしが頑張って、将来父親に楽をさせてやるにも、作家になって売れる作品をバンバン出すしかないのだ。
そのための努力は惜しまない。
先程まで文章を書いていたし、夢に向かってやれることを今全力でやっている。
疲れるけど。
苦しいけど。
でも諦めたくない。
その一心で生きている。

夢があってよかった。
そうでなければ、今頃死んでいただろうから。
これからも夢に向かって邁進していきたい。
わたしのなりたいものになりたい。 頑張るぞ(結局いつもと同じ締めくくり)

そういえば、憑物語、無事入手した。
明日は病院に行って、帰ってきたらピアノの練習をして、そして憑物語を読もうと思っている。
宣言しとかないと忘れると思うので宣言しておくが、明日(今日)の病院レポートはちゃんと書きたいと思っている。
記録に残しておくことは大事だと思っているから。

長くなってしまった。
はたして明日起きられるか謎である。
父親に叩き起こしてもらうので起きれるとは思うが、自力で起きれたらいいなと思っている。

最近はやりたいことがたくさんできて幸せだ。
時々どうしようもなく悲しいときがあるけども、やりたいことだけやって生きていけるのは幸せなことだ。
これからの毎日も楽しくなればいいな、と心から思う。

間違っても、死んで有名になりたいだなんて思うことのないように。
わたしは作家になって有名になるために。
今を生きていく。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「憑物語」が抜けてる

父親が借り忘れてきたようだ。

これでは物語シリーズの続きが読めない。
明日読もうと思っていたのに、読めない。 おばあちゃんちへ行くので、五日に一度本が読みたかったけれど、明日は大人しくプロットを立てるなりなんなりしたいと思う。
荷物は重くなるが、おばあちゃんちへパソコンを持って行こう。
次の習作は人の心を描く物語にしてみた。
初めて書くタイプの物語だ。
うまく書けるといいが。
まあ、書いてみなければわからないだろう。

とりあえず五日に一度本を読むのは今回は無理なので、大人しく文を書くことにしようと思う。
頑張るぞ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「恋物語」西尾維新

読み終えた。

なんだかスッキリしない終わり方だった。
あの終わり方は次作につながる伏線なのだろうか?
次作の伏線なのか? そうなのか?
もしそうであれば、それはものすごく楽しみだ。

最近読書ペースが落ちていて真剣にヤバイと思う。
新しい小説を考える作業も、書く時間も確保しながら本を読むのはなかなか難しい。
いや、一般人にならできるのかもしれない。
しかし、わたしは統失だ。身体が動かないときだってある。
とにかく、せめて五日に一冊は本を読むようにしたい。
五日に一冊なら、なんとかなりそうだ。
さあ、まだまた西尾維新物語シリーズが溜まっている。
ぼちぼち消化していこうと思っている。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村