嘔吐

作家になりたい統合失調症の女が色々考えるブログ

四月からニートです

やはり会社への復職は無理な様子です。

できれば働きたいと思っていた。
新卒で、精一杯頑張って入った会社だった。
周囲の人も、ポンコツだったけれど基本的には良い人が多かったように思う。
でも、今回辞める決心がついた。

理由は2つある。
まず1つ目の理由は、今更になって会社に行って針のむしろになるのが怖いのである。
人間良い人ばかりではない。
誰かに嫌味や悪口を言われた瞬間、わたしの病状は間違いなく悪くなるだろう。
せっかくここまで治ってきたのに、会社に戻ることによって病状が悪化することは避けたいのである。
2つ目の理由は、会社勤めすることはわたしのやりたいことではない、というものである。
わたしは作家になりたい人間である。
正社員としてフルタイムで働いていたら、書ける文章も書けないのである。
人生は一度しかない。だから、夢を追いかけて生きていきたい。
心からそう思うのである。

正社員でいて悪いことはない。
けれど、正社員でいることが全てではない。
四月になったら障害年金の申請をしに行くつもりである。
障害年金をもらいながら、自分でも少しアルバイトをしてお小遣いが稼げればそれでいいと思うのである。

自分の人生が、まさかこんな形で頓挫するとは夢にも思わなかったが、休職したことで「作家になりたい」と思えたことも事実である。
統合失調症になって、悪いことばかりだったわけではない。
おかげさまでわたしは踏ん切りがついたのだ。
会社をやめて、これからもっともっと文章を書いて、いずれ作家になるんだと強い意志を持つことができた。
それはとてもいいことなんじゃないかとわたしは思っている。

出来るだけ早くデビューするために、これからもどんどん文章を書いていこうと思っている。
たくさんの本を読んで、たくさん文章を書いていく。
世間から見たらただのニートかもしれないが、わたしは夢追い人としてこれからも生きていく。
万が一うまくいかなかったら、死ねばいいだけの話であるのだから。

少しでも長生きするだにも、わたしは文章を書く。
再来年から父と同居することになるので、生活はだいぶ楽になると思う。
父と共に暮らしながら、どんどん小説を書いて、いずれはわたしが作家としてお金を稼いで父に楽をさせてあげたいと思っている。

繰り返しになるが、統合失調症になって悪いことばかりじゃなかった。
今も少しのことで泣いてしまうし、感情のコントロールがきいていないことは自覚している。
でも、統合失調症になりました、だからわたしは不幸です、だなんて言いたくない。
わたしも、父も、幸せだと思える未来へ向かって、生きていこうと思っている。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

父親の優しさが逆に苦しい

タイトル通りである。
優しさというのは時に人を苦しめることもあるのだと思ったのである。

わたしの父親は、いつでもわたしに寄り添ってくれている。
体が動かないわたしの代わりに家事をやり、食欲のないわたしのために栄養を取らせようと料理を作ってくれる。
わたしが統合失調症になったと知った時は、統合失調症に関する本をたくさん読んで、わたしへの対応の仕方を学んでくれた。
おかげさまで、父親のそばだとストレスフリーで過ごすことができている。

ただ、そこまでわたしのことを思って動いてくれている父親に、わたしは何をしてあげられているだろう。
ただ迷惑をかけるばかりで、このまま四月まで寛解するかもわからず、5割ほどニートになることが確定しているわたしが、父親にしてあげられることは何だろう。
恩返しがしたいのである。どんな形でもいい、恩返しがしたいのである。
しかし、わたしがそう言うと、「生きていてくれるだけでいいよ」と返ってくるのである。
生きているだけで恩返しになるのか?
たしかに、わたしは過去に自殺未遂を三回している(よく措置入院にならなかったものだ)。
それを思うと、父親の「生きていてくれるだけでいいよ」はまあ理解できないこともないのである。

しかし、こうして周りに迷惑をかけながら生きるのもなかなかつらいものがある。
父親だって自分の時間が欲しいだろうに、わたしが寂しくなって父親の部屋に行けばお話ししてくれる。
ああ、わたし今父親の邪魔をしてるな。
今だけじゃない。父親のたまの休日だって、わたしは父親の貴重な時間を奪う大馬鹿者だ。
だから、見捨てられやしないかと本当に怖い。
父親に見捨てられたらきっとわたしは生きていけない。

四月までに寛解しなかったら嫌が応にも仕事を辞めなければならなくなる。
「それでもいいよ」と父親は言う。
「正社員で働くことだけが人生じゃないから」「お前は簡単なアルバイトでもしながら文章修行に励めばいい」そう言ってくれる。
あまりにも優しすぎて、わたしは一体父親にどれほどの迷惑をかけながらもこんなに優しく接してもらってるんだろうと考えると申し訳ないという気持ちがわいてくるのである。

優しさの裏には痛みがあるのだと知った。
優しさというのは時に残酷だと知った。
父親が構ってくれるのもわたしのために動いてくれることも本当に嬉しい。
恩返しがしたい。迷惑ばかりかける人間になりたくない。

そのためにも、わたしは早く夢を叶えようと決意した。
たくさんの本を読んで、血の滲むような努力をして、いずれわたしが作家になったら、父親にはうんと美味しいものを食べさせてやるのだ。
今のわたしには父親に対して何もしてあげることができない。
だけど、努力はできる。夢を叶えるための努力ならできる。
わたしの努力が父親への恩返しになるんだと信じて、文章修行に励もうと思う。

いずれは楽をさせてあげるからね。
わたし、死なないからね(多分)。
父親を悲しませるようなことはしないからね。
たまの瀉血には目を瞑っていてほしいところだが、瀉血も程々にしておくからね。
頑張ろう。楽しみながら、頑張ろう。
父親に、いつもありがとうって、今日は伝えようと思っている。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

会社に復帰できないかもしれない

もれなくガチニート待ったなし。

12月に入っても相変わらずのニート状態。
何もやる気が起こらないし、ぼうっとしてるだけで1日が終わる。
ほかの友人達は働いていたりいなかったりするのだが、なんとなく負い目を感じる。
早く寛解しないかと焦燥感だけが募っていく。

わたしだってちゃんと働きに出て金を稼ぎたいのだ。
再来年の春になったら父親と二人暮らしなので、ちゃんと働いて部屋のインテリアに拘りたくて金が必要なのだ。
しかし、現状働けていない。
父親も、多分1月も復帰は無理だろうと言っている。

この1ヶ月で劇的に病状がよくなるとは思えない。
もう今の会社には戻れないかもしれない。
この現状を打破するには、わたしが早く夢を叶えて作家になるしかないのだ。

明日からも本を読んで文章を書いて修行しよう。
どんなに辛くても書こう。
楽しんで書こう。
今はそれしかできないのだから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

東京へ行ってきた

今日東京へ行ってきました。

案の定人の多さにわたしは撃沈。
いつ誰が刃物を振り回してもおかしくないし、あれだけの人混みの中だと逃げるのも難しそうで、不安だった。
将来的に東京に住みたいと思っていたが、わたしには名古屋くらいがちょうどいいのかもしれない。
その気になれば東京へ遊びに行けるし、大阪京都は近いしで地味に便利な街が名古屋なのである。

再来年の春から、父親と二人で名古屋市内に住む予定だ。
まだまだ一年以上あるが、今から楽しみにしている。
料理も覚えて家事もできるくらい早く回復したいと切に思う。

最近文フリに出たいな、と思うようになってきた。
まだまだ拙い文章だけれど、誰かから反応がもらえたら嬉しいな、と思うのだ。
でもやはり今わたしがやるべきことは一次創作修行なので、将来的にわたしが美文を書けるようになったら、一度出てみるかもしれない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「ネコソギラジカル(下)」西尾維新

読み終えた。

戯言シリーズ最終巻ということで、期待して読んだが、期待以上だった。
最後はハッピーエンド。大団円だ。
バッドエンドも嫌いじゃないが、やはり大作の帰結するところはハッピーエンドだと相場が決まっている。
兎にも角にもおもしろい本だった。

さて、これからはミステリーを読もうと思う。
まだ何を読むか決めてはいないのだが、適当に何か読もうと思う。
読書をして美文を書くのだ。
わたしは夢を諦めない。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

「ネコソギラジカル(中)」西尾維新

読み終えた。

まさかの展開に、開いた口が塞がらなかった。
これからどうなるんだろうか。
まだ下巻があるが、主人公とヒロインはどうなってしまうのだろうか。
続きが気になりすぎるので、早速下巻を読もうと思う。

短いが、早く続きを読みたいので記録だけしておく。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

魔道具コターツには逆らえない

今日は祖母の家に行ってきた。

祖父が死んで、もう一年になる。
一人暮らしの祖母がさぞ寂しかろうという父親の計らいで、今日遊びに行ってきた。
祖母の料理は美味しかったし、会話も楽しかった。

時々わたしは、祖母のような人が母親だったらなあ、と思う。
毎日手料理を作ってくれて、相手に美味しいと言ってもらえれば嬉しくて仕方のないという表情をする祖母は、まさに理想の母親像である。
残念ながらわたしの実母は手料理をあまり作らない上に、わたしのご飯だけ買ってこないような少し残念な母親なので、なおさらそう思うのである。

ところでタイトルだが、今日は本を読むつもりで祖母の家へ行ってきた。
しかし、あまりにもこたつが温かすぎて睡魔に襲われまくり、当初の予定よりも本が読めなかった。
再来年、わたしは父と共に引っ越すのだが、その際こたつを買おうと思っている。
ところごどっこい、こたつなどという魔道具を買ってしまって、あっという間に自堕落になる自分の姿が目に浮かぶ

しかし本当にこたつはいいものだ。
暖房をつけてなくても十分に温かい。
はやく引っ越して、こたつ買いたいな、と思った1日だった。
将来どうなるかわからないが、こたつを買うためにもあと一年と4ヶ月程度、駆け抜けようと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村