嘔吐

統合失調症の女が色々考えるブログ

自殺率10%

統合失調症の自殺率はおよそ10%らしい。(ウィキペディア参照)

時々、むしょうに死にたい時がある。
一人きりで過ごす夜がつらく感じる夜がある。
そんな夜には、デパスワイパックスをワンシートずつ飲み下すことで、なんとか心の安寧を手に入れている。
だが、これは大分身体に悪い。わたしはODすることをやめたい。けれど、やめられない。
もはや薬に頼らないと生きていけない人間になってしまったのである。

どうしてこんなことになってしまったんだろう。
統合失調症でなければ、今頃きちんと働いてお金をもらって、普通の生活ができたのだろう。
だが、今のわたしにそれはできない。尋常ではない量の薬を飲みながら、毎日不安感と戦っている。

なにがそんなにつらいのだろう。
なにがそんなに不安なのだろう。
自分のことなのに、自分にもわからない。
昨晩は、本当にやばかった。
今ならマンションから飛び降りて死ぬことができるのではないかと真剣に思った。
わたしという無益で無駄な人間が今でものうのうと生きていることに、酷く罪悪感を覚えた。
このメンヘラスイッチはいつ入るかわからない。とにかく、昨日の晩のわたしは、泣きながら眠った。生きててごめんなさい、神様。そう思いながら。

わたしが自殺したら世の中はどうなるのだろうか。
両親はわたしの死によって涙を流すのだろうか。弟は。友人は。
死んだらそこで人生は終わりだ。わたしは輪廻を信じていない。わたしが死んだら、わたしの人生も終わりだ。二度とわたしという人間ではこの世には現れない。
わたしには夢がある。まだ死にたくない。夢を叶えて、それでも死にたければ死のう。そう思っている。
今のわたしが生きているのは、夢のおかげである。
この先何年でも、つらくても、生きていこうと思えるのは、その夢を絶対に叶えたいからである。
まだ死ねない。どれだけ死にたいと思っても、死にたくないと思っている。
だが、それでも、わたしはいずれ自ら死を選ぶのだろうなと思う。
わたしの死因は自殺と決めている。わたしは自ら死を選ぶ。いつの日か、必ず。

わたしが死んでも、世の中はなにもかわらない。
統失患者の自殺率10%にわたしも組み込まれるだけだ。わたしの死は、ただの数値でしかない。
無意味な人生だったと。無益な人生だったと。楽しいこともあったけれど、苦しい夜のほうが多かったと思いながら、絶望に至る病によって死んでいくのだろう。そんな未来が目に見える。
わたしは、わたしを生へと縛り付けるために、本を読んで、文章を書く。
七年。七年は生きよう。それでもだめだったら、死のう。
そんなことを思いながら、わたしは今日も読書に励むのである。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村