嘔吐

統合失調症の女が色々考えるブログ

「倒錯のロンド」

折原一の「倒錯のロンド」読了した。
ネタバレにならない程度に感想をしたためておこうと思う。

さあ、感想を言ってみよう。

簡単なあらすじとしては、
「幻の女」ーー新人推理小説賞受賞間違いなしと思われたこの作品が、なんと他の人間によって盗作されてしまった。盗作者と原作者の攻防、次第に狂っていく登場人物・・・

折原一を読むのは初めてだった。
兼ねてから折原一が「叙述トリックの名手」と呼ばれていることは知っていたが、読んでみると、なるほどその通りだと思わざるをえない。
倒錯者は誰か? 真の作者は一体誰なのか。
読んでいて、ハラハラした。そして、最後の展開で、思わず「おおっ」と声が出ていた。
なるほど、さすがは叙述トリックの名手。してやられた。

展開がやや複雑(わたしが馬鹿なだけかもしれないが)だが、楽しんで読める小説だった。
もっと折原一の作品を読みたい、そう思わせてくれる作品だった。

次は異人たちの館でも買ってみようかと思う。
今月は、読書月間だ。たくさんの本が読みたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村