嘔吐

統合失調症の女が色々考えるブログ

東野圭吾「夢幻花」

東野圭吾の「夢幻花」を読了したので、ここに感想をしたためておこうと思う。

東野圭吾ーーガリレオシリーズで有名な作家だ。わたしも、ガリレオシリーズは全て読破している。
その東野圭吾が、「これほどまでに時間をかけた作品はない」とまで言っていた本作だ。わたしとしても、期待して本を開いた。

率直に感想を言うのなら、期待したほどおもしろくはなかった。
なんというか、展開が急すぎて、ついていけなかった。
読んでいく内に、疑問符が頭に浮かぶのだ。
何がどうなってこうなった? それがよくわからなかった。

普通に読めばおもしろい作品なのだが、以前にガリレオシリーズを読破しているわたしとしては、今回の本はあまりおもしろくないと感じた。
あまり人に勧められる作品ではないな。これを勧めるくらいなら、ガリレオシリーズを全部読め、と言うだろう。

以上は、あくまでわたし個人の感想である。
東野圭吾は素晴らしい作家だ。それは変わらない。
ただ、今回の作品が、わたしの肌に合わなかった。それだけの話だ。
今後も、東野圭吾の作品はたくさんあるので、どんどん読んでいきたいと思っている。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村